2006年04月17日

入院5日目 術後3日目

全く熟睡できないまま、また朝を迎えました。
少しウトウトして目覚めるの繰り返し。

夜中に何回、時計見てるかな^^;
術後初日の夜中と違って、看護師さんも
点滴交換と居るかどうか(?)の確認程度であまり来なくなります。

今日はチョット調子が良い感じがする♪

朝の消毒時に、「ドクターにいつから食べれます?」
って聞いてみた。
「水分とれるのが、一週間後。食事はその次の日から」
だって(TT)

普通に考えると、
一週間近く水分口にしないのって喉渇きそうな感じするけど、
幸いな事に私は、喉渇きませんでした。

凄い量の点滴をしてるので、
おしっこは頻繁にしたくなるんだけどね。
体が必要としてる水分は十分足りてるんだろう。
喉渇いても飲めないから、これは嬉しい。


でも、今日はまだ3日目。
まだまだ、先は長い(TT)

人間って、飲まず食わずでも、
点滴あれば生きていけるんだぁ^^;


今はまだ、トイレへ行くのも大仕事って感じです。
それと、おしっこする時にお腹が痛い(><)
内臓が痛いって感じです。
おしっこが膀胱に溜まり大きくなっていて、それが出る時に、
ぐぅっと、下から突き上げる痛みがきます。
鈍痛の激しい感じで、我慢はできますが、痛いです(TT)

膀胱の大きさの変化で周りの腸やらも一緒に動くみたいで、
それで痛みが生じるようです。

私の場合、腸やら子宮やら色々触ってて、
空気に触れたりしてるし、
それらが、まだ完全体じゃないのと、
まだ、居場所がはっきり定まってなくて、動いてる状態だから
よく痛みが出るみたいです。

まだ、術後3日目だから、仕方ないか。

その内臓の痛みも大変だけど、
手術前に点滴用に刺した針が痛くて痛くて。
まだまだ点滴続くし(TT)
元々、針刺さりにくくて、何回も失敗されてるし、
あの失敗される時の痛みってほんとに痛いから
刺し替えたくない。
看護師さん達にも、痛いって訴えてはいるのですが、
何人か居る看護師さんのほとんどが、
私の針刺すの失敗経験者だし、
「刺し替えた方がいいかもしれないけど、
失敗したら痛いよねぇ」
となんとも不安な事を言われてるので、
「我慢します!」と言い張って、我慢してます。
それにしても痛い(><)


今日は、足浴?させてもらいました。
赤ちゃんをお風呂に入れる時の入浴剤みたいなのをいれた
お湯をバケツに入れてくれて、その中に足を入れて。

気持ち良かったぁ〜^^♪

私は、ソファーに座ってるだけで、
看護師さんが、足を丁寧に洗ってくれて、拭いてくれます。
ほんとに、看護師さんには、お世話になりっぱなし。


夜、旦那が来てくれました。
手術の日以来始めてだったので、歩いてトイレ行く姿見て
びっくりして喜んでました^^

足をマッサージしてくれた時に、
ふくらはぎが、テロテロやん って大爆笑されました(ーー;)
テロテロって何?って聞くと
筋肉が全くない!って(><)

そう言えば、寝てるか座ってるかで、
歩くのは、トイレ行く時だけ。
足の筋肉使う事ないし。

でも、こんな短期間でそんななるんだとびっくり。
人間って、何気ない普段の動きでも
必要な筋肉使ってるんだなって 実感。

旦那が帰った後、12時頃までテレビ見て、
今日こそは寝るぞ!と気合入れてテレビを消して就寝。。。

☆クリックをして頂くと元気が出ます。人気ブログランキング☆



posted by ジンラン at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
看護師さんってすごいですよね。
私も去年入院したときにお世話になったのですが、激痛でもがく私の背中をさすってくれたり、手を握って励ましてくれましたよ。
本当に白衣の天使です。
> 人間って、飲まず食わずでも、
> 点滴あれば生きていけるんだぁ^^;
分かります!!
私も昔インフルエンザで入院したときに、3〜4日なにも食べずに点滴で生きていました。
不思議ですよねぇ。
Posted by Norihime at 2006年04月17日 23:52
そうそう。ほんとに白衣の天使だと思いました。
子供の頃に入院した子供が看護師になりたいって思う気持ち分かりました。

インフルエンザで入院されたんですかぁ(><)
しんど過ぎて、食べれなかったんですか?

あの点滴は、栄養ぎっしり詰まってるんですよねぇ。
力出ませんが、生きていくのは可能な液体^^
恐るべし点滴!
Posted by ジンラン at 2006年04月21日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。