2006年03月24日

入院1日目

荷物は、大きなスポーツバッグ1個と中くらいのトートバッグ1個。
貴重品は、普段使ってない財布に現金のみ小銭多数と少しのお札。

家に、退院の時に持ってきてもらう物(退院時の服とクレジットカード)を
用意して、玄関出る時に、「行ってきます」と独り言のようにつぶやき出発。

まだ、手術するって実感が湧かない。

病院へは朝10:00に受付まで来て下さいとの事だったので、
10:00少し前に到着。

受付へ行って少し待ってると、病棟の看護師さんが迎えに来てくれて、
病室へ案内してくれました。
病室は、個室を選択。

個室にした理由は
・絶飲食が続くので、同室の人の食事の匂いに耐えられないと思った。
・妊婦さんと同じ部屋になる可能性がありそうだった。

が大きな理由。
後は、しんどい時に周りの人に気を使いたくないって思ったから。
因みに、¥8000/日。


部屋は産婦人科病棟らしく、ピンク色で統一。
ソファーなんか置いてあって、病室って感覚あまりありません。
洗面台に洗面用具並べたり、服をクローゼットに掛けたり、
収納家具も多少は置いてあり、タオルや下着を入れたり、
チョットした旅行気分。
色々とやってると、
看護師さんがやって来て、今後の日程の説明をしてくれました。
この看護師さん、私の担当ナースのようだけど、
なんか、澄ましてる感じで気が合わなさそう^^;

その後、お風呂やナースステーションなど簡単に施設を
案内してもらい、部屋に戻って寛いでました。

今日する事は、心電図、剃毛 のみ。
そんなんだったら、今日夕方入院でも良かったやん!って感じでした^^;

両親も来て、部屋でわいわいと喋ってると、
ほんと明日手術?って感じで まだ実感湧きません。

ドクターが部屋に来て、病状の説明と、手術の説明。
その後、同意書にサイン。
同意書も何種類かあって、オペ後、血栓症予防の為、
足にポンプみたいなのを巻くようで、それの同意書とか、
お金ちゃんと払いますーみたいな確約書とか、
書類を色々渡されて、署名するものは署名して。

そうこうしてる間に、心電図行って下さいって言われたので、
検査室へ行きました。
心電図は、痛くもかゆくも(チョットくすぐったいか^^;)ないし、
すぐ終わり、次は、剃毛。

内診台で、バリカンでジョリジョリやられて、前面部だけだと思ってたのが、
なんと、大切な敏感な所まで、ジョリジョリするもんだから、
思わず、「そこまで必要なんですか?」って聞くと、
ジンランさんの場合、かなり下まで切るので、
全部剃る指示が出てますって言われて(TT)
最近は、精神的な事も考慮されて、バリカンじゃなくて、
はさみで必要な所だけをカットする病院も多いって聞いていただけに、
かなりブルーになってしまいました。

そのまま、おへそのお掃除。 これは、簡単にクリア。

台から降りて、パンツ履いて、そのままトイレへ直行!
トイレでパンツを下ろし、恐る恐る目線を下に・・・。
うぇーん(TT)
毛が無い!剃ったから当たり前なんだけど、やっぱりショック。。。

この部分に毛が無いと、下着の感触が微妙に違って、変な感じ。
なんか、すごーくブルーな気持ちになったので、
外出許可をもらって、買い物へ行きました。

しばらく、外へ出れないんだなぁなんて思いながら、ブラブラしていると、
街はクリスマス一色。
美味しそうなケーキや、キレイなイルミネーション。
街はこんな楽しそうな雰囲気なのに。。。(TT)

私は明日から飲まず食わずが続くので、
クリスマスケーキ予約のポスターを見るとぶん殴りたい気分になって、
かなり街は目に毒な雰囲気があったので、
雑誌数冊購入して、早々に帰りました。

戻って、シャワーを浴び、今度はいつ洗えるか分からないので、
念入りにシャンプーして、部屋に戻ってくると、丁度夕食。
また、おかゆと、スープ。
でも、明日 腸をバッサリ切るのに、まだ食べてていいんだぁと
思いながら、形の無い物ばかり3日目(入院前2日間は自宅で食事制限。
おかゆとスープのみ)でチョット嫌気がさしてきてました。

きっと、明日は大量に浣腸するんだろうなぁと思いつつ、
夕食を平らげて、旦那とおしゃべり。

面会時間は午後8時までだけど、9時くらいまで居てくれて、
「明日、朝から来るしな」と言って帰って行きました。

9時消灯。看護師さんが下剤と睡眠剤を持ってきてくれました。
一人になっても、なんだか、全然落ち込みもなく、
緊張感も無いので、下剤は飲んだけど、
睡眠剤は必要なさそうな感じです。

でもさすがに、9時には寝れるわけもなく、テレビを見てました。

明日手術かぁ。とまだ実感湧かず、でも、現実だし、
取り敢えず、傷の無いお腹は今日で最後って事で、
携帯で自分のお腹撮影会を始めました。

色んな角度から、撮って、スベスベの自分のお腹を見て、
ここ切るんだよなぁ と独り言。

写真撮影も終了して、テレビをボーっと見てたら、
看護師さんが見回りに来て、
消灯過ぎてますよーって言われるかと思ったら、
「テレビつけっ放しで寝てたら、消しておくから安心して」
って言ってくれた。

個室は、テレビ見放題の上、隣に誰も居ないので、
イヤホンする必要もなく、とても楽チンです♪

そして、あまり緊張感もなく、簡単に就寝。。。

☆クリックをして頂くと元気が出ます。人気ブログランキング☆




posted by ジンラン at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15385751

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。